FC2ブログ

ガレージ197X

230セドリックとかプラモデルとかミニカー

【止まれなきゃ】 230路上復帰への道 【走れない】その3

そろそろなんか作りたくなってきましたよー。
とりあえずブタケツを終わらせましょうかね・・・。


さて、せっかくマスタバックを交換したものの、ブレーキがスカスカになってしまった230。
一体何が原因なのか・・・こういうときはDr.Nに聞くのが一番。
というわけで、腰が痛いのをこらえながら230の重鎮・永田さんの掲示板で質問です。
すると、どうやら元々のマスタバックが悪いのではなく、作業ミスで中のリアクションディスクという物が外れて落下させてしまったのが原因との事。
これが無いと、ブレーキを踏んだ時のプッシュロッドがマスタシリンダに押し出される長さが足りず、常時マスタバックでアシストされている状態になるんですね。
だから、スカスカでも実際にはブレーキはちゃんと効いてます。
軽すぎても駄目な訳ですよ。

こうなると、マスタバックを分解するしかありません。
分解方法は簡単なのですが、そのための道具があるわけも無くここで作業ストップです・・・。

しかも、痛めた腰はぎっくり腰。
はい、1週間会社休みましたw
元々腰は強くなかったのですが、まさかこんなにひどくなるとは・・・。
ここまでいためて苦労したのに完全に水の泡です。

それから3週間、何かいい方法は無いか考えました。
とにかく、分解しないとどうしようもありません。
まずは元々付いていたマスタバックをどうにか分解しようと試みますが、そう簡単には外れてくれません。

もう考えても仕方ないので、とりあえず取り付けたマスタバックを外してみようかと。
最悪、分解を業者にお願いするにもこれを外さないとどうしようもないですからねー。

まずマスタシリンダと切り離します。

ところが、ここで思わぬ展開になるわけです・・・。

固定しているナットはすんなり外れましたが、プッシュロッドがシリンダに引っかかって抜けてきません。
マスタシリンダをぐいぐい引っ張ると、とうとうプッシュロッドがマスタバックからスポッっと抜けてしまったではないですか。

IMG_1017_convert_20091030013056.jpg

ここでひらめきました!
脱落してしまったリアクションディスクというのは、今外れたプッシュロッドの奥にあるもの。
この状態であれば、前から入れれるんではないかと・・・

早速、元々付いていたマスタバックからリアクションディスクを取り出します。
ただし、これに付いている保障はありません・・・。
今外れたように、プッシュロッドを前から引っこ抜きます。
すると、奥に先ほどは無かった黒い物体があるではないですか。
慎重に取り出すと、ゴム状の円盤が出てきました。
ちなみに、マスタバックの内部はどういうわけかオイルまみれです・・・。

IMG_1013_convert_20091030014316.jpg
(奥の光っている金属部分にリアクションディスクはハマってました)

IMG_1012_convert_20091030014357.jpg
(上からリアクションディスク・部品取りのプッシュロッド・元々230に付いていたプッシュロッド・右は元々のマスタバックのプッシュロッドを抜けないようにするリング)


取り外したディスクを今付いているマスタバックに取り付けます。
ここで内部に落としたら元も子もないので慎重に入れますよー。
無事ハマったら、プッシュロッドを入れて再びマスタシリンダを取り付けます。

さぁ、これで本当に復活なるか?
そうはすんなりいかないんだなーこれがww


またまた次に続きます・・・。
スポンサーサイト



テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

  1. 2009/10/30(金) 01:59:53|
  2. 1/1
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

chikara51

Author:chikara51
230セドリックとかプラモデルとか

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最新記事

最新コメント

カテゴリ

未分類 (0)
戯言 (8)
1/24 (15)
ミニカー (5)
1/1 (20)
リンク (1)

月別アーカイブ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
5421位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国産車
879位
アクセスランキングを見る>>

フリーエリア

blogram投票ボタン

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブックマーク

FC2ブックマークに追加

QRコード

QRコード